ないおがうちいくtvをクビ!? ヤルヲ移籍の責任を取った真相とは。

豆知識

2019年10月31日の深夜、うちいくTV「ヤルヲの燃えカス」の最終回がアップされて、動画ラストのテロップで「ないおは責任を取る形でクビになりました」と発表されました。

でも、本当にないおさんは辞めたのでしょうか。注意点は、「クビになった」=「うちいくTVに関わらない」という意味ではないことです。その真相について、少し検討してみたいと思います。

発表された動画

最終回の57:38部分で、テロップが流れます。

「ちなみに ないおは責任を取る形で クビになりました」

と表示されます。

ただ、ここでみなさんが気になるのは「ないおは本当にクビになったの?」という疑問だと思います。自分は、これはうちいくTVという媒体を残すための手段でしかない、と考えます。

ないおさんがクビになったことを発表した理由とは

ないおさんは、著しく好感度が下がっています。というのも、やはりヤルヲさん辞める&移籍の件があったからです。

ヤルヲさんがいなくなった後、ないおさんが仕切って、新演者オーディションや動画撮影などを続けていっても、視聴者は「うちいくTV」に嫌悪感を持ち続けてしまいます。

ですので、「ないおさんはクビになりました」として、ヤルヲさんもないおさんもいなくなった「新生うちいくTV」という見せ方をしたかったのでしょう。

うちいくTV自体は、チャンネル登録数33万あり、また、名前としての価値も残っているからです。そして、残っているスタッフたちが、これから番組を作っていく上で、「ヤルヲとないお」というしがらみがない分、視聴者からのヘンなやっかみを受けなくて済みます。

ただ、この時に気になることは、「じつはないおさんは今後もうちいくTVに関わり続ける可能性は十分にある」ということです。

ないおさんはクビになっても、うちいくTVに関わり続けることができる

社員でなくても、番組制作・ブランディングのお仕事はできます。

たとえクビになっても、「業務委託・準委任契約」といった形で、相談役だのプロデューサーだのという仕事の振り方、お金の支払い方はできます。

なので、「クビになった」=「うちいくTVに関わらない」という意味ではないのです。

ないおさんはもともと裏方だったからクビになったかどうかは不明

そもそもないおさんは動画の出演者でなく、裏方の人間です。そして、今現在のうちいくTVは、カメラ・編集ともにスタッフが充実しています。

つまり、ないおさんは、動画というメディア媒体に一切出なくても良い立場にあるわけです。なので、クビになった、といっても、本当に辞めたかどうかはよくわかりません。

ですので、辞めたといっても、先ほどに書いたように、「視聴者からは見えないところでうちいくTVに関わり続けることはできる」のです。また、うちいくTVのスタッフから自発的に相談したいと思って、ないおさんに連絡を取ることも十分に考えられます。

要するに、なにがいいたいかというと、「ないおが責任をとってクビ」というのはマジで茶番、ということです。

ないおさんの今後の動向に注目

ただし、ないおさんは、うちいくTVを一つのメディアとして独立させて、スタッフに任せようとしているとは思います。そのために、自分の存在を切り離したように発表したのだと思います。

となると、次にないおさんがやることは何か。

新しい番組(媒体)を作るか、まったく別のなにかをするか。

ヤルヲさんと揉めた理由の一つに、ボートレース番組に夢中になっていることも挙げられていましたので、別分野のチャンネル媒体を作るのかもしれません。

今後の動向に注目です。

ヤルヲはジャンバリへ!

2019年11月1日、ヤルヲさんが自身のTwitterで、JANBARI.TVへ移籍することを発表しました。今後の出演料は20万円以上になることも予想されます。

ヤルヲさん次の媒体はJANBARI.TVと公式発表! 大阪に引っ越して心機一転!

結局、二人はなんで喧嘩したの?

原因を考察してみたのですが、まさにお金の切れ目が縁の切れ目ですね。

ヤルヲとないおが喧嘩した不仲の原因とは? まさに金の切れ目が縁の切れ目

ゴミクズ